義理でお祝いすると言う文化を無くしてほしいと思うのは俺だけか

雑記シリーズ
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます。まったです。

さて、ホワイトデーが近づき男性陣は慌ただしい時期となってきましたが、

その中で敢えて言いたいのは、

義理で何かを送る文化、いい加減やめませんか?

ってことです。義理チョコなり友チョコなりギミチョコみたいに色々ありますが、

通過儀礼の様に何かを送る行為、もしくはそれ以外が慣習となっており、本人の気持ちに関係なくルールや慣習となっているもの。こういうのはやめてほしいっす。

BABYMETAL – ギミチョコ!!- Gimme chocolate!! (OFFICIAL)

で、何でかと言うと

スポンサーリンク
スポンサーサイト

① リアクションがメンドクサイ

まあ、これに関しては最初は嬉しいんですよ。でも、この人が誕生日だから祝おうみたいに慣習化して、ルール化するとマンネリ化します。

で、そんなマンネリ化するものに対して「わー、ありがとう」と言うのが反応するのも実はすごく疲れたりしますから。

誠意のこもったものであれば、素直に喜ぶことが出来るのですが、そうでなければリアクションをしなければならない。と言うプレッシャーに変わる。

そうするとプレゼントの意味とは何なのか。という事を考えてしまいます。まあ、俺の性格がメンドクサイと言うものもありますが。

スポンサーリンク

② お返し選びがメンドクサイ

本来、お祝いと言うものはこの人が喜ぶかな。この人が好きそうなもの。と言う考えでするとは思うのですが、

それがルーティンだったり、義務になったりすると

「これあげて大丈夫なのかな?」

とか

「去年、これあげたけど今年も同じお店で大丈夫なのか?」

みたいな感じで色々制約が出てきますからね。勿論好きな人に対するプレゼントなら、躍起になって頑張るのですが、あくまで慣習としてであったら、それは作業でしかありません。

例えば、これ書いているのが3/12なのでホワイトデーなんかがわかりやすいでしょう。

お菓子選びにしても店選びは慎重になりますし、予算との相談になりがち。ベタなとこでいけばモロゾフやゴティバ、リンツ、ROYCEあたりが候補になりそうですが、

貰いなれている人からしたら、またモロゾフかってなりかねないですからね。

まあ、これらはいいブランドなのは確かなんだけども。

こういう時期にちょっと高級路線な店にぼっちで行くのは非常に楽しいのですが、それでも義務で行くとなると結果作業になると言う展開。

そうすると、こういった楽しみも作業になってしまうのでなんだかなあ。って思う次第です。

勿論、本当に祝いたいのであれば喜んで吟味しますけどね。

スポンサーリンク

プレゼント等のお祝いは慣習は本心だけにしよう

ってことです。以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました