【らーめん】町田汁場 しおらーめん進化 町田駅前店で至高の塩ラーメンを食してきた。【DE 感動】

食レポ
スポンサーリンク

みなさまおはこんばんは。まったです。今回は久しぶりの食レポをば。

今回は町田のラーメン屋進化さんに行ってきましたので、こちらについて語っていきます。

進化さんは塩ラーメンをウリにしたラーメン屋ですが、塩ラーメンは味のコクや素材の旨味や苦みがモロに出る為、そのお店の本質がわかると言われる難しいメニュー。

そんな中で進化は塩ラーメンで町田で天下を取り、ラーメン激戦区町田の中でも不動の人気を誇る人気店です。

個人的には塩ラーメンと言えば名古屋にある徳川町 如水が至高だと思っていましたが

正直申し上げるとそんな如水と双璧、もしくは如水よりもうまいのではないか。と思ってしまう位クオリティが高いのが同店。

しかし、本店は小田急の町田駅からかなり離れており、たまにしかいけないのが玉に瑕。

町田はたまに行くので、駅の近くに出来ないかなあと思っていましたが、

町田駅の近く(JR横浜線寄り)に出来ていたので、これは行かねば!と思い、行ってまいりました。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

ラーメン進化 町田駅前までのアクセス

凄くわかりづらい場所にありました…。

どうやら駅前は移転オープンで現在の立地になったみたいですね。そして情報として

住所東京都町田市原町田4-6-15
電話番号
営業時間11:00~15:00/17:30~22:00
定休日無休
席数カウンター10席
喫煙禁煙
最寄り駅JR横浜線、小田急小田原線『町田駅』(258m)マップで周辺を見る
アクセス小田急線町田駅から徒歩5分
駐車場駐車場なし
開店日2014年2月10日

データはラーメンデータベースより引用いたしました。

年中無休で遅い時間まで空いているのは非常にありがたいです。

スポンサーリンク

実際に食べたもの

今回は塩そばの全部のせ(1150円)です。

透き通ったスープから、上品さ全開なこの仕上がり。

脂は鶏脂を使用しており、鶏ならではの臭みをだしつつも、上品な塩でうまく包み込んでくれるのが印象です。初めて食べた時は感動したレベルです。

鶏脂を使用したラーメンと言えば恵比寿のAFURIが有名ですが、AFURIは柚子ベースで鶏脂のこってりさを中和しているのに対し、

進化は塩ベースという事もあり、この鶏脂のコクを強調しているのが特徴です。

これに関しては好みが別れますので、鶏脂を楽しみたい方はどちらもお勧めだと思っています。

そして素材もかなり豪華な素材を使用しており、

チャーシューや鶏脂は名古屋コーチンや岡崎おうはんを使用しており、鶏に対するこだわりが強いです。

進化のラーメン自体、スープが上品でこってりですが嫌みのないこってりさが特徴。

いい素材を最適解で調理したというパターンですね。

岡崎おうはんに関してはなじみが薄い方も多いと思うのでこちらからご覧ください

岡崎おうはん

名古屋に岡崎にってもう名古屋で店やればいいじゃんと思ってしまいますが、

麺の小麦はあの「春よ恋」を使った全粒粉自家製麺

鰹節は沼津産..

あとは忘れたけど、評判のいい産地の中でもめちゃくちゃいい素材を使っている印象です。

ここまで読むと、いい素材を使ってるんだからうまいに決まってるじゃんと思われるかもしれませんが、

いい素材を組み合わせても相性が悪いと素材の良さを打ち消すリスクがありますし、

味が美味しくいいものだからこそ、素材の個性が際立つわけです。

料理は化学。いいものを使ったからと言って必ずしも旨いというわけではなく、

それぞれの特性を知り、その最適な調理法を知らない限り至高の味を作る事は不可能と言えます。そういった面で進化の店主さんはラーメンを知り尽くしているかな。と思います。

麺だけに(黙れ)

スポンサーリンク

トッピングもうまいぞ

チャーシューは燻製されたレア感のあるチャーシューです。これに関してはとみ田のチャーシューに近いかなとも感じました。

あのチャーシューも鶏のコクがあって美味でしたが、今回の進化も鶏脂との絡みもあってか、素材そのものの旨味を際立たせていました。

それに加えて、自家製穂先メンマが味を中和する役割がある為、しつこくなく食べる事が出来、

塩マリネでつけた燻製卵も塩味のパンチが強い。

進化のトッピングは全体的にトッピングの味のインパクトが強いんですよね。

一つでも崩れたら味のバランスが崩壊してしまうぎりぎりのバランスで作られているな。といった特徴です。ここまでの個性派集団を一つの丼にまとめるという凄さがこのラーメンにはあります。

複数の塩を駆使し、それにアゴだしでブレンドスープも非常に上品。塩ラーメンを知り尽くした店主の心意気が全開のラーメンと言う感じですね。

後は、鉄腕DASHの世界一うまいラーメンつくれるかを見ているような楽しさもありますね。

素材も類似していますし、拘り方もそう。よく考えてみるとTOKIOのあの企画の監修はせたが家の店主の前島司さんですし、

店主自身もせたが家で修業した後に進化をオープンしていますから。

そういった意味であの企画が好きな人にもおすすめかもしれません。因みにせたが家エピソードはこの記事からの引用です。

【ラーメン】町田汁場 しおらーめん進化 本店

スポンサーリンク

まとめ

また食いに行きたくなる美味しさです。

ただし、いい素材を使っている分高めなので誰かと食べに行くとき、

贅沢したい時ですね。一緒に食べに行く相手いないけどな!

そんじゃーの。

また、東京まで食いにいけねーよ。って方は宅麺.comでも取り扱いありました。

今のところ入荷待ちですけどね。これに載るとは流石名店って感じです。うっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました