【短文】サプリを売るときは気を付けよう【さくっとよめる】

界隈ネタ
スポンサーリンク

みなさまおはこんばんは。まったです。

Twitter見てたらこんなツイートが流れてきたのでご報告します。

うん。

お前サプリメントなめんなよ。

つーかサプリメントは食品であり、効果を謳うことがまずNGだし。食品である以上、景品表示法にも抵触するリスクがあるからね。これは。

素人は間違いなく売っちゃいけないやつです。医薬品認定されたら広告制限もあるし、それだけシビアです。

参考資料 医薬品等の広告規制について

健康食品の広告宣伝における留意点

これガチでやると長くなるし、素人があーだこーだ書くべきではないので省略しますが。

で、だ。

仮にサプリを購入するにも、ガチなサプラーはかなりシビアで、成分量、原産国、工場等をしっかり見ているんです。

どの成分が何mg入っているかとかね。後はサプリメントも飲み合わせによっては併用禁忌だったり、作用が打ち消しあうケースもあるんです。

だから、買うにしても結構慎重ですし、販売会社もしっかり標記している。特にIherbで購入する場合は、アメリカと日本の薬機法の基準が違うからこの手の情報は重要なんですよ。

で、ここでちゃんと成分標記がされているか。ってとこなんですが、

HAHAHA。流石のイケハヤ先生もそれ位はわかっているでしょう。と言うわけで事前サイトを見てきました。

うん。

成分標記なし、効果を謳う、価格も謎。

誰がかうねんなってね。買うとしたら信者向けの細々としたビジネスになりそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

ツッコミどころはまだある

そして、イケハヤ先生はリプライ上でMNMの効能を謳うためにこんなリンクを載せていました。

未来の“若返り”サプリメント「NMN」の研究

まぁ、大学の教授の研究がエビデンス代わりってのはわかった。でもね。サプリメント業界は魑魅魍魎としているのでね。粗悪な商品なんて山ほどあるんですよ。

だから成分謳ったって製造元次第でなんとでもなるからね。だからこそどこの成分を使って、どこが作っているか、信頼できるメーカーかを記載する必要があるわけですね。

成分の説明だけでは不足。まあ、健康増進法的にはセーフかもしれんけど。

もうツッコむの疲れたお。

スポンサーリンク

そして、もう一個流れてきた

ついったーらんどの界隈ではこんな仮説を立てている人もいました

結局情報商材にしようとしてんのかい!つーかさ、この杜撰さで情報商材にするとか、俺なら恥ずかしくて出来ないわ。

と言うわけでこれを購入する方はいないと思いますし、仮に情報商材になったとしても色々アウトでしょう。

まあ、前科ついた方が人生ハクが付くとかそういう人にはお勧めですが

まあ、俺からはやめとけとだけ言っておきます。つーか買う前に厚生労働省が細かく説明したものがネットに載ってるので、買うならこれを見てからの方がいいと思いますよ。

健康食品に関する景品表示法及び健康増進法上の留意事項について

スポンサーリンク

ツイートにあった広告費に関して

サプリにおける広告費は50パーセント近いと言われていますので、そこだけはあってますね。

そこだけは。

サプリ、トクホの嘘と本当

東洋経済の古い記事ですが。

イケハヤ先生はインフルエンサーが広告塔となってやれば広告費削減出来て安く提供できるとありますが、

そもそもサプリを買う層、そもそもNMNを購入される方って高齢者がメインなんですよね。

イケハヤ先生、高齢者にも人気あるんですかね。僕は無いと思いますしターゲット層もミスマッチだと思ってますが。

こんな泡沫ブログをイケハヤ先生が見るとは思えないのですが、見ていたら高齢者への知名度がどれだけあるか教えていただきたいのですが。

って感じでさっくりと。書いててめんどくさくなってきたので。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました