「世界一快適な靴」と評判のallbirdsのスリッポンを購入したら太ももがめちゃくちゃ喜んだ件

雑記シリーズ
スポンサーリンク

ぽまいらおはこんばんは。服はたいして興味ないくせに靴はやたらこだわるおっさんだよ。

てめー、最近商品紹介ばっかじゃねーか。案件じゃねーのって思ったあなた。アドセンス結果待ちな上に、風が吹いたら吹っ飛びそうな泡沫ブログなので案件ではないのでご安心ください。

寧ろくれ、案件!(黙れ)

今回は世界一履き心地と評判のallbirdsについて語っていきます。基本的にスニーカーはオニツカタイガーのコレソンロー、ビジネスシューズはスコッチグレインのプレーントゥさえあればいい。と思っていたのですが、最近はオールバーズも楽でいいなと感じるようになりました。

さて、今回はそんなallbirdsの魅力について語っていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

allbirdsとは

米Time誌が「世界一快適なシューズ」と紹介したシューズブランドです。
ニュージーランドのスーパーファインメリノウールを使っており、肌に触れる内側はとても柔らかいです。

外側には汚れを防ぐ技術が取り入れられており、酷使しても汚れにくいです。

デザイナーのティム・ブラウンがサッカー選手と言う事もあり、足に拘った職業の方が作られたと言う事もあり、めちゃくちゃ質には拘っています。

昨今では環境経営やSGDsと言ったような環境に対する指針が注目されている中、この企業はその最先端ともいえるでしょう。

HP上ではカーボンオフセットを目標に掲げ、現状のシューメーカーに対する問題提起を掲げ環境問題への強化に努めています。

測る、減らす、オフセットする

それに加えて世界一と言う事もあり、履き心地は抜群で凄く軽く長時間歩いていても疲れにくいです。

(ソールの耐用性に関しては、今後のはき方次第ですが今のところ問題はありませんでした)

また、シューズも洗濯機での丸洗いが可能で環境に優しい上に利便性が高い。合理的な靴と言えます。

昨今ではノームコアが流行っている事もあり、ノームコアとオールバーズの相性は抜群と言えます。

スティーブジョブズやマークザッカーバーグが決断を減らすために、いつも同じ服を着ていることから同ファッションが流行った経緯もありますが、

個人的にはノームコアに拘っている時点でファッションに拘りあんじゃん。と思います。

なぜこんなことを書くかというと、ノームコアを絶賛をしている方の中には、ファッションなんて愚の骨頂。非効率だ。

っておっしゃる方もいらっしゃいますから、補足として記載いたします。

ファッション好きの中には、ファッションで自分を着飾る事が出来る、素材の肌触りが好きだ、縫製の拘りが好きだ、ブランドが紡ぎだした歴史や意思、メッセージが好きな方など色々いらっしゃいます。それは合理性の一言だけは片づけられないでしょう。

あくまでノームコアもファッションの形の一つでしかありません。

ノームコア以外は認めない、ファッションなんて非合理性の象徴だ!なんて仰る方は近視的な見え方しかできないと思いますし、

ブランドやカルチャーの事を知らないくせにそんな服を着るのはカルチャーに対する冒とくだと言う意見も同等です。(ロック知らないくせにNIRVANAのTシャツ着るなみたいなアレね)

市場に出回っているものは基本、購入者がどう使うかに委ねられるものだと思っているので、ファッションなんて自由でいいと思います。その中でいいと思ったものを取り入れればいいんです。

本当にこれです。服装は自由でいいと思います。話がそれましたので、allbirdsの話に戻します。

スポンサーリンク

allbirdsのシューズの購入方法

allbirdsの購入方法は下記2パターンです。

① 公式サイトで購入する

allbirds公式サイトから購入可能です。

まだまだリアル店舗が少ない為、ネットで買うのがいいかもしれません。中にはネットで靴を買うのは躊躇いがある、サイズ感がわからないから。という意見がありますが、

公式サイトでは30日間の返品保証があり、まずは履いてサイズ感が合わなかったら返品する。と言うパターンがベターです。

サイズ感としては1サイズ上の物を購入するのがお勧めです。俺は足のサイズが25.5cmの3Eですが、allbirdsに関しては10(27cm)がしっくりきました。

海外のシューズの為足の幅が広い日本人にとっては適正サイズだときつく感じます。

公式サイト

② リアル店舗で購入する

現在、国内では1店舗のみの展開となっております。2020年より日本進出しており、ようやく日本でも買えるようになりました。

それまではBUYMAくらいでしか購入できないですからねえ。本当に店が出来てよかったです。

店舗の詳細は

住所:東京都渋谷区神宮前1-14-34 原宿神宮の森ビル1階

原宿にリアル店舗があり、原宿駅から徒歩1分の好立地です。結構混むので並ぶのは覚悟しておいたほうがいいません。

個人的には平日のご飯時に行ったので並ぶことは無かったですが、お客さんはちらほらいました。

接客も非常にハキハキしており、どんな風なものが欲しいかと言う話まで出来、じっくり商品選びを行う事が出来ました。

また、店員さんの商品知識もしっかりしており、安心して購入することもできます。

注意点としてはレシートが発行されず、購入後メールで領収書を送付すると言う仕組みになっており、環境に対する意識の高さをうかがえます。

この日は新宿から歩いたこともあり、結構足が疲れた状態で試着したのですが、靴を履いた瞬間。

わ、足がめっちゃ喜んでる

と感じました。履き心地が気持ちいいのは勿論の事ですが、靴そのものが軽い、ウールが足を包み込む感じが気持ちよく、非常にいい靴だと感じました。

俺が買ったのはスリッポンタイプのMen’s Wool Loungersです。

写真の下手さはこのブログのアイデンティティだと思っています(開き直り)

デザインはかなりシンプルでデザインにこだわる方には向かないかもしれません。下手すりゃヒラキで売ってそうやん。ってくらいのレベルでしょう。ちなみに

このヒールタブが凄く可愛いです。コレソンローも含めて、ヒールタブ大好き疑惑もありますが。

スポンサーリンク

まとめ

allbirdsに向いている人はこんな感じです

向いている人

機能性がいい靴が欲しい人

向いていない人

デザインにこだわる人

といったところでしょうか。あれやこれやと記載すると長くなりますので大事なところだけにしておきました。個人的にレビューでよかった記事を抜粋いたしましたので、ご参考までに。

★原宿上陸★IT企業トップも愛用するスニーカー「Allbirds(オールバーズ)」タイム誌はこのスニーカーを「世界一快適なシューズ」と呼んだ!

「世界一快適な靴」を買ったら快適だった(オールバーズ)

ばいばーい。


コメント

タイトルとURLをコピーしました