電話が嫌いすぎるので、なぜ電話が嫌いかをつらつらと述べて不平不満をたらたら連ねる

雑記シリーズ
スポンサーリンク

ぽまいらおはこんばんは。今回は電話について語ってみるよ。

あなたが嫌いなものをあげてください。と言われたときに俺が真っ先に思いついたのが、

JCOMのブツブツ切れる回線と電話。この二つを思いつきました。

JCOMに関しては被害者の会が山ほどいるのでそちらに任せるとして、今回は電話について語っていくよ。嫌いな理由をつらつらと語るから電話好きな人はごめんね!

スポンサーリンク
スポンサーサイト

電話が嫌いな理由

① 時間が奪われる

基本的に電話って時間を奪う行為だと思うわけです。事前に電話をかけるねと言われるのならまだしも、事前告知なしに電話をかけられると心の準備が出来ず、びくっとしてしまいます。

例えばあなたがのんびりとテレビを見ているとしましょう。その時に急に電話がぴりりとなった瞬間、リラックスした瞬間は邪魔されますし、何事かとびっくりしてしまいます。

折角のリラックスタイムが電話一つでガラッと変わってしまう。しかも電話を切った後にリラックス状態に戻るのは時間がかかります。

そして、電話はこちらが切らない限り話続ければならないですし、その内容がまたどうでもいい内容でしたらこちらの都合に関係なく時間が消費されてしまうのです。

これってめちゃくちゃ無駄じゃないですか?

電話というものは相手の時間を奪う行為です。安息を奪い、相手の都合を使わないツールだと考えております。

② 聞き取りづらい、わかりづらい

電話は電波の状況によっては聞き取りづらくなります。

うまく聞こえなかったので状況次第ではよく聞き取れず、相手の言いたいことを理解するためにしょうもない時間が発生してしまいます。まずこれが無駄。

しかも、電話から得られる情報は音声情報のみ。例えばLINEやメールでしたら文字情報なので後から振り返る事は出来ますが、電話は音声情報なので基本的に振り替える事ができません。

じゃあ、メモをとればいいんじゃないか?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな方に逆質問をします。

あなた、常にメモを取れる状態なんですか?

前田裕二さんのようにメモを常に取れる環境だったら別ですが、現実は中々そうはいきません。結果必然的にメモやペンを探すと言うタスクが増えてしまいます。

しかも物を探すと言う行為は本当に労力使うんですよ。

その上、音声でのやり取りなので、何か起きた時の責任の所在が曖昧になってもめるんですよね。電話は。だからそういった意味でも嫌いです。

③ 心が休まらない

これは①にも該当しますが、電話を持っている以上いつ電話がかかってくるか。と言う恐怖に震える事になります。

これは特殊な例かもしれませんが、俺は新卒で入った会社が24時間365日稼働している会社にいました。

そのため、業務が終わった後は勿論の事、寝ている最中、休みの最中でもガンガンかかってくるような職場でした。

寝ているときも電話がかかってくるので、寝る前に電話がかかってくるのではないかと不安な気持ちでいっぱいでした。

休日でも友達と一緒にいるとき、誰かと飲んでいるときでも電話は当たり前のようにかかってきます。

しかも電話に出なければ鬼のようにかかってくる電話。出ても地獄、出なくても地獄そんな日々を過ごしていました。

極めつけはフジロックに行っている際に盛り電来た時ですね。この時はフジの為にめちゃくちゃ仕事頑張って仕事を前倒しで終わらせたんです(休日出勤もしながら)。

それだけ頑張ったので周りも認めてくれたのか、「どうしてもヤバイ時はかけるけど、基本的にはかけないからか楽しんできてね」

と言ってくれました。そんな中楽しんだフジロック、電話はたまにかかってきましたが確かに必要な情報ばかり。まぁこれは仕方ないとは思っていましたが、そんなある時

くっそどうでもいい仕事の電話がかかってきました。しかも何件も。

その相手は社内でも屈指の仕事が出来ない方で話している内容もよくわからない。

辛抱強く聞いてみると、引継ぎを行い本人が納得した上で理解したはずのもの。

そんなしょんない内容を延々と電話をかけ続けられた結果、俺はその場で泣き崩れその後のフジロックは悲しい気持ちで過ごすこととなりました。

特殊なケースかもしれないですが、あの瞬間は今でも忘れられません。

④ 集中力が途切れる

社会人の方でしたら仕事の際に、学生の方だったら勉強中に話しかけられたり電話されたら集中力が途切れてしまうと思います。

しかもそれって、一度手を止めると集中力を戻すのにめちゃくちゃ時間かかるんです。

電話は人の時間を奪うと言いますが、話している時間だけでなく、終わっているからの集中力を戻す時間も奪ってしまいます。

それだけ電話って言うのは生産性をなくす行為とも言えます。個人的にSNSやチャットツールも同様に集中力を奪うと考えているので、今後に関してはSNSの連絡も踏まえブログ更新時は返信が遅れるのでこの場を借りてご報告いたします。

⑤ 形式がめんどくさい。マナー云々が面倒

電話に関しては相手が誰で何の目的で話す必要があります。加えてメールや電話というものは独自のマナーが存在するため、これがまためんどくさい。

俺の場合、母親が電話対応に対してすげー厳しいこともあり、小さいときから電話と言うものが恐怖の対象でしかありませんでした。

常に添削されてうまく対応しなければ叱られる。しかも出来るまでやらされると言う事もあり、電話は嫌な思いでしかありませんでした。

当時は電話の対応が駄目だと働いたときにダメや奴と思われる。出来たらそれだけで有能と思われる。と言われ続けましたが、

10年以上働いて感じたのは、確かに褒められるけど評価にはつながっていない。苦しんだ割に実りは少ない。

と言ったのが正直な感想です。労力に見合ってないもん。電話対応やマナーなんて。

そんでもって電話のマナーって

電話応対

めんどくさくないか?中には重要なものもあるけど、他にはどうでもいいもんが山ほどある。

こういうのははっきり言って生産性を下げるだけで結果、自分を苦しめる事になるもん。

同様にメールも苦手です。正直LINEやSLACK、Teamsみたいに、インスタントなメッセージで十分だもん。

俺の場合はね。正直お世話になっておりますとかそういう文面は一切読んでないし、別になくても気にしない。

こういう事を言うと電話やマナーをしっかりした方が相手への心遣いになるし、思いやりになるのではないかと言われるでしょう。が、個人的には

そんなんただの自己満足だし、むしろそんなんでしかマウント取れないのなら、それしか出来ない自分を恥じろとすら思います。

とは言え接客業だったり、手書きの方が心に響く年代の方がいらっしゃるのは事実。

そういう方にはマナーだったりそういったものは大変有効だと思います。でも、全員に全員にマナーを駆使するのはただの思考停止でしかありません。

ようはマナーもおもてなしも使いどころが大事ってことです。相手によって使い分けましょう。論点ずれちゃったけど。

スポンサーリンク

電話が役立つケース

恋人との愛を深めたり、中々会えない友人と話すときに電話は大いに有効だと思います。俺恋人いないけどな。

スポンサーリンク

まとめ

超必要早急な場合のみ電話ください。それ以外はSNSやTwitterのリプライかDMでお願いします。時間を見つけて返します。Twitterはこちらからお願いいたします。

あと、この記事がめちゃくちゃ腑に落ちたのでよかったらご参考までに。

増加する電話嫌いとその対処法

盆休み終わっちゃうじゃん!(休息からの)ほんじゃーの!

コメント

タイトルとURLをコピーしました